トップ > 昭和リースについて > CSR・環境への取り組み > 社会貢献活動 > 取り組み事例(2007年度)

取り組み事例(2007年度)

2008.3 ウォーキングマイレージ実施&環境保護団体へ寄付

2008年2月中旬から3月中旬にかけての4週間、「ウォーキングマイレージ」を実施し、338名の役職員が参加しました。ウォーキングマイレージとは、役職員に歩数計を貸与して毎日の歩数を測定し、ある一定基準で歩いた歩数に応じてマイレージポイントを付与し、ポイントに応じた金額を社会貢献団体に寄付するという活動です。
このイベントで集まった、役職員からの参加費33,900円と獲得したマイレージポイントの合計251,520円を(財)世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)に寄付しました。この取り込みに対して、WWFジャパンから感謝状をいただきました。

2007.6 24時間グリーン・チャリティ・リレーマラソンに参加

江東区夢の島競技場で行われた24時間グリーン・チャリティ・マラソンに、当社から10名がランナーとして参加しました。あいにくの雨でしたが、多くの方の応援もあり、24時間で250.06Kmを走りぬき、この距離に応じた金額が都市緑化活動に役立てられました。

2007.5 ウォーク・ザ・ワールド

国連WFP協会が主催する「ウォーク・ザ・ワールド」に19名が参加し、世界の子ども達の飢餓撲滅を目指して、横浜のベイエリアの5kmまたは10kmのコースを歩きました。「ウォーク・ザ・ワールド」は、世界各国で同時に行われるチャリティ・イベントで参加者から集まった募金は、世界の子ども達の食料援助や学校給食プログラムに活用されています。

2007.10 新入社員ボランティア体験

新入社員研修の一環で、東京ビックサイトで行われたフリーマーケット内のイベント”ecoフェス”の運営スタッフとして参加しました。ecoフェスとは、身近なところからエコをテーマに楽しくリサイクルを学んでもらおうというもので、牛乳パックを使ったハガキ作りの体験工房やブッククロッシング(古本交流会)の運営補助等を行いました。

定期的な活動

今年度よりペットボトルのキャップ、使用済切手の収集を始めました。

ペットボトルキャップ

キャップを収集している団体を通して、リサイクル業者に売却され、その収益金により世界の子ども達のワクチン代として、寄付されています。

今年度の寄贈結果 99Kg(一部関連会社含みます)

使用済切手

日本キリスト教海外医療協力会に寄贈し、アジア・アフリカの対象地域に医療従事者を派遣する活動に役立てられます。