トップ > 昭和リースについて > CSR・環境への取り組み > 社会貢献活動 > 取り組み事例(2008年度)

取り組み事例(2008年度)

2008.11 皇居周辺クリーンナップウォーキング

グループ会社である新生銀行主催のもと、初めてのグループボランティアイベントが開催され、参加しました。
グループ会社混合のいくつかのチームに分かれ、日比谷公園をスタートに、日比谷公園、千鳥が淵公園の清掃を行いながら、皇居を一周しました。ウォーキングの後には、新生銀行に集まり、懇親会と一緒に、各会社の社会貢献活動について発表を行いました。

2008.5 ウォーク・ザ・ワールド

横浜みなとみらい地区で行われた国連WFP協会が主催するチャリティイベント「ウォーク・ザ・ワールドFORアフリカ~地球のハラペコを救え~」に昨年に続き、22名が参加しました。
当日は朝からあいにくの雨でしたが、参加者は傘をさして、5Kmまたは10Kmのコースをアフリカの子ども達の飢餓撲滅を目指して歩きました。ゴールする頃には、雨も上がり、多くの参加者がゴールして、完歩証を受け取ることができました。

2008.4 新入社員ボランティア体験

新入社員研修の一環で、ボランティア活動に参加しました。
このプログラムは、「和太鼓の魅力を知り、人の温かさを知る」というテーマで、講師をお迎えして、新入社員と養護施設の子ども達が一緒にチームを組み和太鼓を学び、最後には発表を行いました。最初はお互い緊張していましたが、プログラムを通じて、良いコミュニケーションを取ることができました。

定期的な活動

2007年よりペットボトルのキャップ、使用済切手を集め、寄付しています。

ペットボトルキャップ

キャップを収集している団体を通して、リサイクル業者に売却され、その収益金により世界の子ども達のワクチン代として、寄付されています。

今年度の寄贈結果 310.9Kg(一部関連会社含みます)

使用済切手

日本キリスト教海外医療協力会に寄贈し、アジア・アフリカの対象地域に医療従事者を派遣する活動に役立てられます。