トップ > 昭和リースについて > 企業概要 > 沿革

沿革

1969年 協和銀行(現りそな銀行)が中心となり、総合商社、生命保険会社、
損害保険会社の出資を得て、資本金1億円で設立
1969~1991年 大阪・名古屋など全国に13拠点を開設
1986年 昭和オートレンタリース株式会社を設立
1987年 昭和ハイテクレント株式会社を設立
1997年 本社を新宿区四谷に移転
2005年 新生銀行グループの一員となる
2006年 新生ビジネスファイナンス株式会社の株式を取得し、グループ会社化
2007年 株式会社エス・エス・ソリューションズ事業開始(株式会社ユニコ・コーポレーションからの事業譲受)
昭和ハイテクレント株式会社と合併
2008年 きらやかリース株式会社の株式を取得し、グループ会社化
昭和オートレンタリース株式会社の株式を譲渡
本社を江東区豊洲に移転
2009年 株式会社エス・エス・ソリューションズと合併
札幌オフィス(現札幌支店)を開設
2010年 新生ビジネスファイナンス株式会社と合併
2011年 本社を文京区後楽に移転
2013年 兵庫オフィスを開設
2015年 八王子支店を開設
トーザイ貿易株式会社の株式を取得し、グループ会社化
台北支店(台湾)を開設
2016年 栄伸工業株式会社の株式を取得し、グループ会社化
株式交換により株式会社新生銀行の完全子会社となる