ご挨拶

当社は1969年の設立以来、総合リース会社として全国の多くのお客様にご愛顧いただいてまいりました。2005年以降は新生銀行グループの一員として、さらにグループの総合力を活かした多彩な金融ソリューションをお客様にご提供しております。

近年、私たちを取り巻く環境はめまぐるしく変化しています。国内人口の高齢化、ライフスタイルの多様化。圧倒的なスピードでのデジタル化。ヒト・モノ・カネの国際化。中長期的な環境変化による影響を受けて、お客様の要求水準が高度化し、事業者間の連携が加速しています。

新生銀行グループは、外部環境の変化を踏まえ、「価値共創による成長追求」「ケイパビリティ強化・活用」を基本戦略とし、2019年度を初年度とする中期経営戦略「金融 リ・デザイン」を策定いたしました。

当社も新生銀行グループの中期経営戦略に基づき、お客様の事業パートナーとして選ばれる存在になるために、3カ年の中期事業計画を策定いたしました。「4つの戦略分野」を設定し、差別化可能な取組への集中と、グループ一体運営を軸とした組織的能力の強化に努めてまいります。

代表取締役社長 瀬戸 紳一郎

【4つの戦略分野】

  1. パートナービジネス
  2. 財務ソリューションビジネス
  3. スペシャルティファイナンスビジネス
  4. アセットビジネス(物件価値に着目したビジネス)

「4つの戦略分野」の推進をはじめ、新生銀行グループのリソース活用による他社にはない複合的な金融サービスの提供を通じ、これまで以上にお客様の様々な課題解決のお役に立てるよう尽力してまいります。お客様にとって真に頼れる「パートナー」となれるよう、着実に歩を進めてまいりますので、引き続き一層のご支援とお引き立てを賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。